西法寺トップ

当山は、正式名称を「浄土真宗本願寺派 淵淵山 西法寺」と申します。
阪神電車の千船駅から徒歩15分。
大阪市西淀川区の佃にある仏教寺院です。
一口に「仏教」と言っても、様々なご宗旨があります。
その中、当山は、「浄土真宗本願寺派」に属しています。
ご本山は、京都にある本願寺(西本願寺)です。
阿弥陀如来という仏さま、「南無阿弥陀仏」というお念仏を、
大切に仰ぐご宗旨です。

 


今月の掲示板

西法寺の正門の右に、小さな掲示板があります。
6月は、この言葉を掲示しています。

あなたは、過去のあなたがタスキをつないだアンカーである。


ネット上で見かけた言葉ですが、どうでしょう。

 

なるほど、本当だな〜と、しばらく考えてしまいました。

 

お寺の掲示板の前で、足を止め、じっと見てくださっている人を見かけます。
簡単で分かりやすい言葉もいいけれど、こういうちょっと考えさせられる言葉もいいものです。

 

簡単に言えば、「自業自得」、「因果応報」でも言えそうです。
ですが、それよりも、もう少し前向きな響きがあるように感じました。

 

思い返せば、この度の人生、色んなことがありました。

 

泣いたこと、笑ったこと、悲しかったこと、嬉しかったこと。

 

一人の時もあれば、隣に大切な人がそばに居てくれたこともありました。

 

その全部が、ぎゅっと詰まっているのが、今の私です。

 

そのことを、しみじみ思いますと、どうでしょう。
そうか、だったら、あの時のあの気持ち、あの想い、その全部を胸に、今日という日を大切に歩んでいこう。

 

そんなことばなのかな〜と感じました。

 

もちろん、この度の人生だけのことではありません。

 

私たちは、様々な命を、何度も何度も、生まれ変わり、死に変わりしてきた命なのだそうです。

 

それら全部を振り返ることはできませんが、阿弥陀さまは、その全部をご存知です。

 

ご存知のその上で、今もご一緒くださって、今日の私を支えてくださいます。

 

業をタスキとし、過去の私がつないできたリレーです。
その歩みを、今日もご一緒くださいます。

 

阿弥陀さまに包まれ、歩んできたこの人生、これからも、その慈しみの中、温められながら、丁寧な歩みを重ねていきたいと感じます。

 

称名相続

 

【住 職】 園 淵 和 夫  【若 院】 園 淵 和 貴
【住 所】 〒555−0001 大阪市西淀川区佃1−11−3
【電 話】 06 ( 6471 ) 6330
更新履歴
トップへ戻る