西法寺トップ

当山は、正式名称を「浄土真宗本願寺派 淵淵山 西法寺」と申します。
阪神電車の千船駅から徒歩15分。
大阪市西淀川区の佃にある仏教寺院です。
一口に「仏教」と言っても、様々なご宗旨があります。
その中、当山は、「浄土真宗本願寺派」に属しています。
ご本山は、京都にある本願寺(西本願寺)です。
阿弥陀如来という仏さま、「南無阿弥陀仏」というお念仏を、
大切に仰ぐご宗旨です。

 


今月の掲示板

西法寺の正門の右に、小さな掲示板があります。
7月は、この言葉です。

願わざれども 花は咲き
 いくら願えど 花は散る

この世界は、思い通りにならないことばかりの世界なんだよ、と
仏さまは、教えてくださいました。
その人生を、どう歩めばよいのか。

 

東井義雄という、お念仏の先輩がおられました。
そのお言葉を、ご一緒したいと思います。

 

 「新年に」
  よいことばかりやってくるように
  つらいこと 苦しいことはやってこないように
  そんなことを願っても
  それは 無理というもの
  どんなことが やってきても
  おかげさまでと
  それによって
  人生を 耕させてもらう道
  人生を深め
  豊穣にさせていただく道
  それが
  お念仏の道

 

 「老」
  「老」は
  いろいろな力が失われていく
  過程のことではあるけれども
  得させてもらう過程でもある
  視力は失われていくが
  花が だんだん 美しく
  不思議に 見させてもらえるようになる
  聴力は だんだん 失われていくが
  もの言わぬ 蟻の声が 聞こえるようになる
  もの言わぬ みみずの声が 聞こえるようになる
  体力は どんどん 失われていくが
  あたりまえで あることの ただごとでなさが
  体中に わからせてもらえるようになる

 

生きづらい人生を、どう耕し、豊かにするのか。
それは、「あたりまえ」を、「ありがとう」、「おかげさま」といただいていくことなのかもしれません。

 

「ありがとう」や「おかげさま」を見つけるのは、難しいかもしれませんが、
「あたりまえ」を探せば、そこには「ありがとう」や「おかげさま」があるのかもしれません。

 

今の身の上にある「あたりまえ」を探すこと。
人生を支えてくれる「あたりまえ」を見つめること。

 

東井先生の足跡から、教えられる気がします。

 

【住 職】 園 淵 和 夫  【若 院】 園 淵 和 貴
【住 所】 〒555−0001 大阪市西淀川区佃1−11−3
【電 話】 06 ( 6471 ) 6330
更新履歴
トップへ戻る