西法寺トップ

当山は、正式名称を「浄土真宗本願寺派 淵淵山 西法寺」と申します。
阪神電車の千船駅から徒歩15分。
大阪市西淀川区の佃にある仏教寺院です。
一口に「仏教」と言っても、様々なご宗旨があります。
その中、当山は、「浄土真宗本願寺派」に属しています。
ご本山は、京都にある本願寺(西本願寺)です。
阿弥陀如来という仏さま、「南無阿弥陀仏」というお念仏を、
大切に仰ぐご宗旨です。

 


今月の掲示板

西法寺の正門の右に、小さな掲示板があります。
4月は、この言葉です。

消しゴムの本当の役割は  間違いを消すことじゃなくて
 間違えたっていいんだよって  鉛筆を安心させることだ


ネット上で見かけたこの言葉。
身近なところに深い味わいがなされてあって、素敵だと思いました。

 

皆さんは、「鉛筆」と「消しゴム」に、どの様なイメージをお持ちでしょうか。
私は、何のイメージも持っていませんでしたが、この標語からは、何らかのストーリーを感じます。

 

昨今では、過ちを犯してしまった人を、ネットやテレビで再起不能になるまで叩き続けることがあります。

 

そのことからすれば、過ちを犯してしまった「鉛筆」に対して、不機嫌そうに、その尻拭いをする「消しゴム」の姿を想像してしまうかもしれません。

 

緊張し、びくびくしながら働く「鉛筆」と、その隣で冷たく眺めている「消しゴム」。

 

でも、本当はそうではないかもしれない。

 

「消しゴム」は、言います。

 

『間違えたっていいよ。
 いつでも書き換えればいいんだから、今の精一杯を表現してよね。
 間違えた時には、いつでもなおすから、安心してね。
 なおせるボクが、いつでもキミの隣にいるよ。』

 

緊張する「鉛筆」に、やさしく微笑む「消しゴム」。
やがて「鉛筆」は、小さくうなづき、筆を走らせはじめる。

 

そんな情景が思い浮かびませんか。

 

結果的には、「消しゴム」が消すんだけれど、消すことそのものよりも、大丈夫だよって、「鉛筆」のそばにいることが力になる。
「消しゴム」と「鉛筆」。
素敵なセットです。

 

この人生においても、私と阿弥陀様は、セットです。

 

いつでも隣にいて、微笑んでくださる。

 

そんなあたたかな存在を、イメージさせてくれる言葉でした。

 

【住 職】 園 淵 和 夫  【若 院】 園 淵 和 貴
【住 所】 〒555−0001 大阪市西淀川区佃1−11−3
【電 話】 06 ( 6471 ) 6330
更新履歴
トップへ戻る